忍者ブログ

J庭43とか写真展とか色々&近況少し

こんばんは。少しだけ間が空きました?空いていない???
今夜は満月ですね(手帖が正しければ)
もう10月だなんて…最近こればっかり言っていますが、本当、季節の巡りが早い!
ここから12月にかけて一気に加速していくんだろうなあと思っています。
だってもう1週間以上過ぎちゃいましたしね、10月…Oh!

秋ティアの原稿ですが、今は初稿の手直し&推敲にかかっています。
収録作品3本の内、1本はすでに完了して2本目、3本目に取りかかっています。
ただ、父が10月後半に東京で脳の手術を受けることになりまして(今日判明!)
もしかしたら、予定通りの入稿とはいかないかもしれません。
なお、手術は脳外科では盲腸と同じ扱いを受けるものなので大事はありません。
ただ立ち会い他は扶養に入っていない勤め人でないといけないので、母ではなく私がしばらく東京と茨城を往復することになりそうかなあと。
まあ、読み直しも赤入れも特急でできるし、何とか乗り切るつもりです。
笑って秋ティアに行きたいので、家族のことも原稿も両方頑張ります。あと一息!



10月初め、土日で東京に行ってきました。
土曜日に従兄弟の結婚式があって、そのついでに一泊してJ庭に凸してきたのですウヒヒ。
3月は欠席&通販組だったので、今回はいっぱい会場でお買い物をしました。
一緒に行ってくれたお友達がショタマイスターなので、お勧め本を幾つか買ったのですが、もう堪らん本ばっかりで、ショタ萌えに目覚めそうです。
特に「カッコウのゆりかご」っていう本が堪らんでした…うおお超萌えたー!!!!!
あと、前日にはコスプレ写真家mitさんの個展「あいの徒野から」も行ってきました。
今年の個展は刀剣だったのですが、これもすんばらしかったです。
長谷部格好良かったよ長谷部…あと写真集も素敵でした。買っちゃいましたウヘヘ。

庭の会場を巡っていて感じたことなのですけれど。
改めて創作をするエネルギー、何かを描きたい・書きたいっていうパワーにすごく圧倒されました。そこにいるだけで、すごくポジティブで楽しいエネルギーにビリビリ感電するような気持ちになれたというか、本当、すごく素敵な場所なんだなって再認識したというか。
私はまだ2回しかちゃんとサークル参加はできていないけれど、初めて参加したときのこととか色々、帰ってからすごくすごく思い出しました。

正直オフ活動は今のところ、楽しかった思い出と苦痛や悔しさみたいなものが半々で、まだ全然ハッピーなこととは思えないところがあるのですけれど(一時期オフはもう金輪際やめようとすら思っていたし)。
ただ、やっぱり書くのも作るのも大好きだし、もっともっと良いものを作りたい。色んな人に手にとって欲しいし、読んで欲しい。
また、11月に本を出すことで新しい壁にぶつかったり、ぬかるみに嵌まったりするような気も大いにしているのですけれど。
「ねだるな、勝ち取れ。さすれば与えられん」を胸に、当日まで駆け抜けてやります。
結局、行動することでしか自分も環境も変えられないですしね。苦笑
何にもしないで欲しがるだけ、羨むだけの人にはならないようにしたいです。
PR

スペースいただけました&ラジオの話

こんばんは。もうすぐ9月が終わってしまいますね。
今年も残すところ3ヶ月だなんて、ビックリしてしまいます。何て早さだ!

まずお知らせから。
11月23日のコミティア122、スペースを無事いただけたみたいです。
秋のコミティアとしては過去最大規模だとか。今からちょっとドキドキしています。
コミティアには2年くらい前に参加して、その時は4冊か5冊しか売れなかったのですけれど。
今回はもう少し、手にとっていただけたらいいなあと思っています。
頒布物の詳細はもう少しイベントが近づいたら載せますが、おおむね初稿はあがりました。
(4本収録を予定していましたが、3本に絞ることにしました)
これから1ヶ月かけて推敲と装丁を頑張ります。
いつも思っていることですが、最新作を自分史上最高にするつもりです。
当日もし会場に来られる方は、どうぞスペースを覗いていただけたらと思います。

話は変わりますが、最近?でもないけれどドキュメンタリー映画とラジオドラマに嵌まっていまして、毎日どちらかを何かしら摂取しています。
今日は「ベニシアさん家の四季の庭」を見ていました。
美しい四季折々の映像が満載なので、癒やされたいときにぴったりの1本。
先日見た「ドラゴン」と一緒に円盤買ってしまおうかな。

ラジオドラマはというと、これはもっぱらNHKのラジオで聞いています。
少し前に並木陽さんの「斜陽の国のルスダン」がドラマ化され、原作が好きだったのもあり初めてラジオドラマというものを聞いたのですが、これがすっごく良かったのです。
私は通勤で大体片道30分~40分くらい車を運転しているのですが、電車やバスと違って、自家用車での通勤は移動時間に本が読めないことが残念だなーと思っていました。なので、ラジオドラマはそんな悩みにズバンとフィットしたというわけです。
今までに「斜陽の国のルスダン」「また、桜の国で」「金魚姫」を聞きました。今は現在再放送中の「僕たちの宇宙船」に嵌まっています。これもすごく面白い。
調べたら大好きな「帝冠の恋」や「空色勾玉」もドラマ化されていた模様。うー!これは聞きたかった!!!!!!!!!
去年まで全然聞いたこともなかったラジオドラマが、今はこうして毎日の楽しみになっているのですから全く以てこの世は不思議にハッピーです。

週末は秋庭に遊びに行こうと思っています。
前日が従兄弟の結婚式なのでちょっと弾丸気味ですが、年に2回のことなのでね!
ちょっと無理してでも行くつもりですウフフ。
いっぱい本を買ってきたいです。楽しみだなあ…(≧∀≦*)
あと、他にもちょっと動かそうとしているものが幾つかあります。
それも合わせて、ぼちぼち告知してゆきますね。

近況報告&最近考えたこと

こんばんは。少しだけ間が空きました。
ブログを書いていないときは「アレ書こう」「これ書こう」ってよく記事の内容を妄想するのですけれど、間が空きすぎてしまうと書こうとしていたことを忘れるようになりました。
近況を少しだけ報告すると、最近はそこそこ調子がよくて、ズンズンお話を書いています。
基本的にいつも作品はウェブから本って感じだったのですが、11月の本はほとんどが初出を同人誌にするので、読んだ人はどうかなあって少し不安だったり楽しみだったり。
4本掲載する内の3本が初稿を上げまして、今はラスト1本をコツコツ書いています。
どれも自分の中ではいつか書いてみたかったものなので、お手にとっていただいた人に1つでも好きなお話があればいいなって思います。

最近、少しずつ自分でも自分の作品の話を上手くできるようになりたいなって思っています。
前はそういうのが恥ずかしい&話してもあんまり興味なさそうな反応をされたりしたことが重なって、どんどんそういうことについて口が重くなっていってしまったのですが(そういう話をしようとすると、喉の奥にお餅でも詰まったような気持ちになってしまう)。
でも文章だったら読みたい人しか読まないし、それならいいやって思えるようになってきて。
そういう話をちょっとずつ、10月くらいからブログに書いていこうかなって思っています。
いや、書けるか分かんないですけど。書けたら書きます。

サンシャワー展&秋ティア申し込みました

こんにちは。少し間が空きました。
9月は粛々と原稿を書いて、ジムに通っております。
ジムには通い始めて三ヶ月なのですが、お腹の辺りに筋肉がついてきました!
継続は力なりって奴だなあ…としみじみ感じていたりいなかったり。
これが小説の方にも出たらいいなと思っています。うむむむ。
原稿の方もおおむね順調です。あと2万字くらいで脱稿の予定です。
個人的に今考えているのは、それに加えて自分の好きなサイボーグとかロボットとかそういうものが出てくる作品についてちょこっとショートエッセイみたいなものを書いて一緒に載せたいなーと思ったりしています。が、これ需要あるかなっていう不安があったり。
小冊子とかにした方がいいのかなあ…無配の。そんで挟む。
まだまだ自分の書くものに腹筋ほど自信を持つことは難しいみたいです。

そういえば書き忘れていたのですが、先月末にサンシャワー展に行きました。
とりあえず新美の方だけです。森美の方は時間がなくて。汗
サンシャワー展は東南アジアの現代美術がテーマだったのですが、よく分からないけど面白いっていう感じでした。何だろう、すごく土着のエネルギーを感じる作品がいっぱい!
私は東南アジア史に余り詳しいとはいえないのですが、東南アジアはそのほとんどが西欧列強の植民地支配を経験し、民族のアイデンティティが幾度となく危険にさらされてきた土地なんですよね。
だからなのか「私とは何者か」「我々とは誰か」みたいな疑問を投げかけてくるようなテーマが多かったように感じます。
あとは、やっぱり南国特有の生命のパワーというか、根源的な陽のエネルギーというのかな。
これは多分ラテンアメリカ文学の底流に流れているモノに近いかもしれません。

現代美術というのは私みたいなど素人にとって、一見すると難解に思えるのですけれど。
最近は「見て、分からない、ということを知る」のも大事だって思っています。
分からなくても感じることはできるし、感じたことなら言葉にできる。
そういうセンサーや言語野を今後は少しずつ育ててゆくのがとりあえずの目標です。

そういえば、この間無事に秋ティアに申し込んできました。
抽選になるかどうかは分からないけど、スペースがもらえたら新刊を持ってゆきます。
初版をまた少し、前作より増やして刷るつもりです。
来年の2月のティア、3月の庭くらいまで頒布するのが目標です。

 

サークルカットはこんな感じです。鯨の名前はミカ1号!
当日はどうぞ遊びに来ていただけたら嬉しいです(≧∀≦*)

ジャコメッティ展他&今後のあれこれ

こんばんは。少しだけ間が空きました。
最近少しだけ、プライベートがゴタゴタしています。うおおお…!
それでも合間合間に楽しみを見つけたり、原稿も書いています。
このまま頑張って完成まで完走できれば良いなあ。そう思います。

そういえば、先日は国立新美に2度行ってきました。
目的はジャコメッティ展とサンシャワー展です。
私はあまり美術に詳しいわけではないのですけれど、国立新美が大好きで、ちょっと面白そうだなと思うと軽率に見にいくのですが、ジャコメッティ展は率直にいって大変素晴らしかったです。以下、ジャコメッティ展で考えたこととか。ちょっと長いです。

アルベルト・ジャコメッティの作品の特徴はその異常なまでの「細さ」だと思うのですが。
これ、解説を聞いてじっくり見てみると凄いのです。
ジャコメッティは「見たままに描く」ということを生涯探求し続けた芸術家で、つまりあの造形は彼が見ていた姿だということなんですよね。でも、無論モデルがあんなに痩せ形だった訳ではない。
じゃあ彼は一体、何を見ていたのか?

私なりに感じたことなので、多分全然正解とかではないのですけれど。
ジャコメッティの作品って、確かに物凄く細くて、表面が波打っていて、印象としては何が何だか分からなそうって感じがするんですよね。でも全然違う。実物は全然違うのです。
ジャコメッティの作品は、極限まで余計なものをそぎ落とした結果、そのものの本質だけを残した姿だという解説だったのですが、確かにそうなのです。あんなに細くてデッコボコだけど、見ればすぐにそれが何なのか分かる。若い女だとか、あるいは歩く男だとか、見て、本当に直感的に伝わってくるのです。たとえば「犬」という作品があったのですが、これは一目で犬と分かるだけではなく、どこか飢えていてひもじい、疲れた犬だということまで伝わってくる。
細くて、極限までそぎ落とされているのに、「歩く男」「すれ違う男たち」は今まで歩いていて、これからどこかに行こうとしていて、そのほんの一瞬の姿なんだっていうことが分かる。
これが、正にジャコメッティの「見たままに描く」なのかなって思いました。一瞬の姿を見ているから、全体を詳細には見えない。その一瞬、目が捕らえられた最小単位の物体の印象を刻みつけたものなのではないかなあ、なんて。私はど素人だし、ジャコメッティは全く詳しくないので、音声ガイドと目で見たものからのあくまで推測なのですが。

意外なことなのですが、ジャコメッティの作品に関する解釈を理解するのに役だった本の一つが山我雅一著「AIの衝撃 人工知能は人類の敵か」でした。この本は人工知能という存在を通して、人類の精神性、創造性にまで言及しているのですが、その一部の解説がジャコメッティの作品=実存主義という解説への理解にとても役立ちました。
こうして別々に触れたはずの知識や体験がある日突然、千で繋がる感覚、ものすっごい気持ちよくてクセになりそうです。またこういうユリイカ!ってなる体験したいな。

そーいえばまだ予定としか言えませんが、11月のコミティアに参加申し込みをします。
ものすごく久しぶりに新刊を出します。多分1年半ぶりくらいになるのかな。わーお!!!
まだ原稿中ですが「A.I.LAND(アイランド)」というSFちっくBLです。
色々な時代の、色々なヒューマノイドと人間が愛し合うハッピーな物語を4本入れます。
私の過去の作品でいうと「スプートニク・サマー」系のホワイトレーベルな一冊です。
参加が確定したらまた告知を出しますので、その際はよろしくお願いいたします。