忍者ブログ

COMITIA125に参加します&庭について雑談

こんばんは。元気に生きてます!
お盆休みの終わりが近づき、人生の無常を感じているところです。
そして8月も気づけばこんな時期までブログを放置していました。
月一更新って全く日記ではない!ぞ!

お知らせです。
前回の日記でも触れましたが、日付が近いので改めて。
8月19日のCOMITIA125に参加します。
当サークルは「K07a」で屋号は「四月の魚」です。
新刊はありません。既刊のみです。
ただ、委託でトビ犬さんの素敵な漫画をお預かりします。
当日の動向はツイッターをご参照ください。



話変わって、秋のJ庭が抽選になるそうです。
10年ぶりとのこと、当たるといいなーと今からドキドキしています。
一応、こんな感じで申し込みました。



新刊は、ウェブで先行して連載中の「砂竜と不死の霧」を予定しています。
遅筆な私には少し厳しめのスケジュール進行ですが、無事出せるように頑張ります!
砂竜は何年も温めていたお話で、私自身、形にするのをずっと楽しみにしていたものです。
大事に、でもキリキリ書いて、良い本を作りたいなと思っています。

抽選に関しては、これは私が遠征組ではないためだとは思うのですが。
割と気楽に構えています。駄目なら駄目で、仕方ないなと。
庭が駄目だった場合、11月のCOMITIA126で頒布する予定です。
ただティアも11月は割と抽選になるので、そこも外れたらどうしようかな。笑
そのときは、来年2月のCOMITIAか、あるいは3月の庭ですね!気が長い!
PR

お知らせとお礼と拍手のお返事

とってもとってもお久しぶりです。
前回のブログが1月の更新で、何かもう…浦島過ぎてびっくりです。
あれからもう3ヶ月…いつの間に!!!
今さらって感じなのですが、ここ2ヶ月ちょっとの報告やらお礼などなど。
あと今後の予定も書かせていただきます。
たまりにたまっているので、ショートカットでいきます!

1つめ。今後の参加予定は以下の通りです・

・5/5:COMITIA124…「い37b」
・5/6:文学フリマ東京…「エ-22」

2日連続参加は初めてなので、どうなるのか分からないんですけど。
「どうなるか分からん」と思ったことは「とりあえずやる」と決めていて。
ちょっとハードな気もしますが、楽しんできます。
もしどちらか、もしくは両方参加の方がいたら遊びに来て下さい(*´∀`*)

新刊は「ピチカート1317」というタイトルで、初めての短編集です。
文字通り?2013~2017年までに書いた短編を収録します。
ネットに載せたもの&アンソロ寄稿作品&未発表のものもあります。
こちらの詳細はまたイベント前に出します(今絶賛お原稿中です)。
発表済みの作品もガッツリ加筆修正しているので、既読の方も是非。
よろしくお願い致します。



2つめ。コミティア123とJ庭44のお礼など。
遅くなって申し訳ありません、2月ティア&3月のお庭、ありがとうございました!

ツイッターでは書いていたのですが、2月初旬、突然身内に不幸がありまして。
2月のコミティアは新刊発行中止&代理をお願いしての参加になりました。
快く引き受けて下さった烏目様、ありがとうございました>私信
そしてスペースに遊びに来て下さった方も、本当にありがとうございます。

今回欠席ではなく代理をお願いしたのには理由がありまして。
実はティアマガの作品紹介枠に前回の新刊「A.I.Land」を紹介していただきました。
その効果なのか、コミティアでの頒布数の新記録が出ました。
(といっても、ピコサークルなのでそんな凄い数ではないです。でも新記録!笑)

3月の庭は約1年半ぶりの参加になりました。
もう2度と参加できないだろうと思っていたので、当日は不思議な気がしました。
今回は「招福来猫」のきよにゃ様と隣接&合同誌を発行しました。
「正義はだれも愛さない」という異端審問をテーマにした合同誌です。
嬉しい誤算で、当日初版は全て完売しました。驚いたけど嬉しかったです。
その後、きよにゃ様と相談の末、第2版を刷りました。
現在、4月末までBOOTHで通販中&5月のイベに通販残部を搬入します。

BOOTH「四月の魚」

もし興味を持っていただけたら、よろしくお願い致します!
なお2月のイベントで頒布した「A.I.Land」の第2版も販売しています。
(2月のコミティアで再版かけました)

謙遜でも卑下するでもなく、私はオンでもオフでも人気の書き手とはいえません。
際立って上手いとか個性的とか、そういうスキルもない、凡百な書き手です。
でも、そんな自分の作品を見てくれて、応援してくれる人がいて。
困ったとき、面倒なことをお願いしても快く引き受けてくれる友達もいて。
改めて、自分の活動が誰かの善意に支えられているんだと実感しました。
情けないことにそのことをずっと覚えていられず、いきなり腐ったりするんですが。汗
今、そういうの直そうって自分なりに頑張っている最中です。
まだまだ作品も作者も未熟ですが、どうぞ末永く、応援して頂けたら嬉しいです。



追記にて拍手のお返事です。
無言拍手の皆様も、いつもありがとうございます。

ちょっとだけ無理をする話

お久しぶりです。お元気でした!
仕事も始まり、何となく日常が戻ってきた感じです。
原稿は依然ヒーヒーって感じで…なぜ!早く始めても!こうなるのか!怒
多分私の場合、早く始めるとその分、筆がスローになるのかも。
それでもいつもよりは量を書いているのでヨシとします。ヨシヨシ!!!

今後の予定に関して、一件追加です。
高梨來様が主催のアンソロジー「さよならおやすみまたあした」に参加させて頂きます。
「眠る前のひと時によりそう」をコンセプトにしたアンソロジーです。
詳細は追々ですが、フライヤーの頒布が今月から始まります。
来月のコミティアでは当スペースでもフライヤーをお預かりする予定です。

今年は、何か凄い精力的に物を書く予定を入れまくっていて。
(2ヶ月連続で新刊とかあり得ないし、文芸アンソロとか正直不安!ポルノ書きだもの!)
自分でも「ちょっと生き急いでる?」って思わないわけでもないのですけれど。
正直、自分はちょっと追い詰められるくらいじゃないと、書けないんじゃないかと。
そんな風に思いまして、2018年は前へ前へ前のめり!で活動しようと思っています。

そもそも、昨年は消極的通り越してほとんどゾンビみたいな存在で。
精神的にもベチャってなっていたし、作品も結構…駄目駄目でした。
(ただそれでも書いていたことだけは偉いな!と自画自賛)
今年はそんな冬の時代が去って、ようやく春…を通り越して灼熱の真夏!って感じで。
自分でもちょっとどーしたらいいのか分からないくらいパワーが漲ってます。

何だろう、普通に生きててもあるじゃないですか。
「あ、今頑張ったらきっと飛べるな」っていう瞬間って。
今年は正にそれだなって勝手に思い込んでいるので、誰にも求められていないジャンプですが、一人でぶっ飛んでやるぜ!という気持ちです。アイキャンフラーイ!!!!!!!!

お粗末様でした。

2018/01/09 座木春

狼ライブ&コミティア123に参加します

お久しぶりです。生きていました。
12月になっちゃいましたね。むしろもう12月が半分近く過ぎている!とか!
月日が過ぎるのは本当に早いです。あっというまに今年が終わりますね。泡

近況報告を少々。
今月2日に大好きな「MAN WITH A MISSION」のライブに参加してきました!
もーーーーーーさいっこうでした。最高!本当に最高!!!!!!!!!!
実はMWAMのライブに行くことは、私の夢のひとつで。
「人生のやりたいことリスト100」を作ったときにも入れていました。
でも、中々チケットが当たらなくて...ファンクラブ入っているけど今回も落選。
諦めていたら…何と、会社の先輩が当たったのです!!!!!!!!!
何を隠そう、先輩をガウラーにしたのが私でして、2枚取れたから一緒に行こうと誘っていただき、ドッキドキしながら行きました。調子に乗ってファーで狼の耳とリストバンド作っていった。笑
ライブは本当にすごくて、何だろう、狼たちのファンへの愛を感じました。
あれだけの人数だったのに物販も入場もすごいスムーズだったし、MCとかウルッときました。
本編最後の「Find you」で見た光景はずっと忘れないだろうなあ…最高でした。
また行きたいです、狼ライブ。来年はUKツアーらしいですが…(遠い目



あと本日はちょっとしたお知らせがあります。
来年2月11日の「COMITIA123」に申し込みました。
前回と同じく、落ちなければ創作文芸のスペースにいると思います。
予定では「プロジェクト・バースディ」というロボBL第2弾を出す予定だったり。
ティア122の新刊「A.I.Land」と同じ世界観のSF風BLです。
サークルカットはこんな感じです。



えっと、これに関してはもう一個、超嬉しいご報告があります。
拙作「A.I.Land」がティアズマガジンの「プッシュ&レビュー」のコーナーで紹介されることになりました。
昨日、コミティア実行委員会さんから告知のメールを受け取りました。
正直全然、ほんっとうに1ミリもこんなことになると予想していなくて、驚いたけれど滅茶苦茶嬉しくて、友達と電話していたのですけれどガッツポーズして「くううう!」となりました。
どういう経緯で選ばれたのかはよく分からないのですけれど、きっと誰かが何かしらの形で推薦してくださったのかな、とか。
本当に、私の本でいいのかなっていう気持ちもあるけれど、素直に嬉しいです本当に。

「A.I.Land」を発行するまで、ご存じの方もいらっしゃると思うのですが2017年、私はずっと苦しい創作活動をしていました。自分が書く意味なんてないんじゃないだろうか、私一人がこの世界から消えて筆を折ったって、きっと何にも変わらない。そんな風に思っていました。
でも、書くことが好きで、それを自分で自分から取り上げることができなくて。
悔しくて泣いたり、悲しくて泣いたりしながら書き続けました。

「A.I.Land」を作って本当に良かった。今、心からそう思います。
私はつまらない字書きです。
文才も、個性も、知識も、センスも、小説を書く上で武器になるものは何も持っていません。
数少ない持ち物は、そんな丸腰の状態でもどうにか創作の世界に踏みとどまろうとする無謀さ、そして書くことが好きだという気持ちくらいです。
その両方を叩きつけるようにして、再起をかけて作った本が「A.I.Land」です。
このような機会を私に下さった全ての皆様、ありがとうございます。
この本がこの世界にあることを、作った私が多分一番、奇跡のように思っています。

拍手のお返事&お話更新しました

こんばんは。少しだけ間が空きました。
本日、無事に父が退院しました。経過もよくて、元気元気で一安心です。
ここのところずっと休日は病院にいたのですが、今週末から土日が戻ってきます。
ジムも行けなくて大分太ったような、そうでもないようなブルブル。
とりあえず、通常運転に戻れそうです。冬に向けてバリバリお話書くぞーい!

先日、東京芸術劇場で佐々木蔵之介さん主演の「リチャード3世」を見てきました。
私は佐々木蔵之介さんがすっごく好きで、一度本物を見てみたいなと思っていて。
でもその反面、舞台演劇はよく分からないしなあ…と二の足を踏んでいたのですけれど、今回はシェークスピアだし、それなら読んだことあるから話分かるし、と思ってチケットを取りました!
公演情報を知るのが遅くて、S席しか空いてなくてお財布にはちょっと痛かったんですけど。
結果的にすっごいすっごい良かった!!!!!!!!
見にいって本当に良かったです。素晴らしい体験でした。
演出は今回、ルーマニアの監督で、しかもほぼオールメールというキャスト!!!!!
アン王妃もマーガレットもエリザベスも男性!
あと、男性同士のディープキスが多くてドキドキしちゃいました。
バッキンガム公爵とリチャードのキスとか凄かった。めっちゃ濃い。
だからこそ、地獄ダンスで裏切られて殺されたバッキンガムの亡霊がリチャードに向かって「この世に思いを断って死ね!!!!!!!」って絶叫するところが凄まじくてね。すごい...萌え。
あと、初めて劇場で見て、幕間にお酒が飲める!っていうのも嬉しい驚きでした。
しっかり白をキメて後半に挑んじゃいましたウヒヒ。
お手紙とか渡せるボックスの存在を知らなかったのが残念。今度は書いてゆきたいな。
また行きたいです、観劇。すごくすごく素敵な時間でした。



お知らせが1つ。小説を更新しました。

「フリーバード」※R18
https://novel18.syosetu.com/n3350ei/

先日更新した「フリーバード」の後日談「and you」という作品を載せました。
マスター・カナ視点のその後のお話です。
ミカの変化とマスターの複雑な気持ちを書いています。
あと、しっかりエロも入っています。本編よりガッツリかもしれません。笑

実はこのお話、後日談を書くつもりは全然なかったのです。
が、拍手でその後の二人のことを見てみたいというコメントを送って下さった方がいて。
このお話、見れば分かっちゃうんですけど、載せているサイトではあんまり読まれていなくて。
だからそのコメントが本当に本当にすっごい嬉しかったのです。
それで「よーし!書いちゃうぞー!」って書いてしまいました。
何という単純さ、軽率さ…でもとっても楽しく書きました。
ちょっとでも誰かに楽しんでいただけたら嬉しいです。
そして良ければ是非、拍手とか押していただけたら!何か一言いただけたら!
って欲張り過ぎですかね。でも大歓迎です、プリーズ!

追記にて拍手のお返事です。
無言拍手の皆様も、いつもありがとうございます。