忍者ブログ

サンシャワー展&秋ティア申し込みました

こんにちは。少し間が空きました。
9月は粛々と原稿を書いて、ジムに通っております。
ジムには通い始めて三ヶ月なのですが、お腹の辺りに筋肉がついてきました!
継続は力なりって奴だなあ…としみじみ感じていたりいなかったり。
これが小説の方にも出たらいいなと思っています。うむむむ。
原稿の方もおおむね順調です。あと2万字くらいで脱稿の予定です。
個人的に今考えているのは、それに加えて自分の好きなサイボーグとかロボットとかそういうものが出てくる作品についてちょこっとショートエッセイみたいなものを書いて一緒に載せたいなーと思ったりしています。が、これ需要あるかなっていう不安があったり。
小冊子とかにした方がいいのかなあ…無配の。そんで挟む。
まだまだ自分の書くものに腹筋ほど自信を持つことは難しいみたいです。

そういえば書き忘れていたのですが、先月末にサンシャワー展に行きました。
とりあえず新美の方だけです。森美の方は時間がなくて。汗
サンシャワー展は東南アジアの現代美術がテーマだったのですが、よく分からないけど面白いっていう感じでした。何だろう、すごく土着のエネルギーを感じる作品がいっぱい!
私は東南アジア史に余り詳しいとはいえないのですが、東南アジアはそのほとんどが西欧列強の植民地支配を経験し、民族のアイデンティティが幾度となく危険にさらされてきた土地なんですよね。
だからなのか「私とは何者か」「我々とは誰か」みたいな疑問を投げかけてくるようなテーマが多かったように感じます。
あとは、やっぱり南国特有の生命のパワーというか、根源的な陽のエネルギーというのかな。
これは多分ラテンアメリカ文学の底流に流れているモノに近いかもしれません。

現代美術というのは私みたいなど素人にとって、一見すると難解に思えるのですけれど。
最近は「見て、分からない、ということを知る」のも大事だって思っています。
分からなくても感じることはできるし、感じたことなら言葉にできる。
そういうセンサーや言語野を今後は少しずつ育ててゆくのがとりあえずの目標です。

そういえば、この間無事に秋ティアに申し込んできました。
抽選になるかどうかは分からないけど、スペースがもらえたら新刊を持ってゆきます。
初版をまた少し、前作より増やして刷るつもりです。
来年の2月のティア、3月の庭くらいまで頒布するのが目標です。

 

サークルカットはこんな感じです。鯨の名前はミカ1号!
当日はどうぞ遊びに来ていただけたら嬉しいです(≧∀≦*)
PR

スペースNo.いただきました&最近読んだ本

こんばんは。ちょびっと間が空きました。
3月のJ庭40、スペースNo.が届きました。3階水玉の間「ち22b」です。
新刊は多分このまま何事もなければ当日スペースに置いてあると思います。
サークル参加は初めてだし、色々とドキドキしています。
コミティアでは道に迷って遅刻したので、3月は遅れないようにしたいです。汗

2月は寂しい気持ちになるのか、本を読みまくっています。
何だろう、寂しさって遅行性の睡眠薬みたい。
眠れない苦しさが、眠り続ける不安に変わってゆくような、そんな感じ。
十年来の友人の中で、自分の優先度が下がっているんだなというのを最近感じてしまった。
ああ、あの人がきちんと気を遣っていてくれた時代はもう過去なのか。
でもなるべく、良かったことだけ覚えておこうと思っています。
今、自分を大切にしてくれる人を大切にするための心のスペースを返してくれた。
そう思えるよう、心を上手く調整してゆきたいです。

人は去ってゆくのが当たり前なのだと尊敬する作家さんが仰っていました。
それを私が自分の当たり前の感覚として身に着けられるのは、一体いつのことなんだろう。
もしそんな日が来たらその人のように、日常の中の小さな奇跡を拾う物語が書けるのかな。
最近、ナーバスになることが多くて苦しいです。
でも、まあこれも私がいつかしたり言ったりしたことの報いならば仕方がないかな。

追記にて最近読んだ本について。


ネクロ狂愛企画の宣伝です

突然ですが企画の宣伝です。
仲良くさせて頂いている永久めぐる様がまとめ役をされております。
興味のある方はまず、以下の企画サイトをご参照下さい。

「ネクロ狂愛企画」
http://reading.or-hell.com/necro/

テーマはズバリ、愛ゆえの「ネクロフィリア」になります。
必然的にグロ系描写多めのR18作品が中心の企画になると思います。
ただ、BL・GL・NLに関する縛りは無く、締切も無期限です。
冷たい恋人に熱く萌える作家様方、どうぞふるってご参加頂ければと思います。

なお、まだ水面下ではございますが既に素敵な作家様方が集い始めております。
恥ずかしながら私も参加させて頂く予定です。
今書いている連載を全て完結させたら取りかかろうと思っております。
未熟者ではありますが枯れ木も山の賑わいとなれるよう、頑張りたいです。