忍者ブログ

「鱗ヶ淵」完結&拍手レスです

お久しぶりの更新になってしまいました。生きてます。
実は私事なのですが、12月に手術を受けることになりまして。
そのための検査や準備で色々とバタバタしていました。
骨盤内に腫瘍が見つかりまして、それが悪性かもしれなくてですね。
色々検査をしたのですが摘出して病理にかけないと分からないそうです。
なので来月ちょっと入院してサクッと切ってきます。

さて、それでは本題。
先日15日、無事ムーンライトノベルに「鱗ヶ淵」の最終話を掲載しました。
これにてこの物語は完結になります。

「鱗ヶ淵」※R18
 http://ncode.syosetu.com/n1409bv/

獣姦に加えてあのエンディングという地雷原のような小説ですが。
それでも最後まで読んで下さって本当にありがとうございます。
連載中は色々とネガティブなこともありましたが、最後まで書けて良かった!
これも読んで下さっていた皆様のおかげです。
本当に、本当にここまで応援して下さりありがとうございました。

作品を書くときは常にその時の全力で書いているつもりではあるのですが。
それでも書いたものに関しては常に迷いや悩みが尽きません。
それなのに書き続けていられるのは、読んで下さる方のおかげです。
私にとって読者様は神様です。冗談じゃなくそう思っています。
これからも皆様のお気の向く限り、お付き合い頂ければ嬉しいです。

それでは、追記にて16日までの拍手レスをさせて頂きます・
無言拍手の皆様もいつもありがとうございます。



・はじめまして!ハンカチを握りしめながら~の方

コメントありがとうございました!
そう言って頂けると凄く嬉しいです。本当にありがとうございます。
三春も浩一郎も私にとっては凄く大事なキャラクターでして。
(それなのにあの展開、扱いか!と怒られてしまいそうな気もしますが)
なので三春や浩一郎のことをそんな風に言って頂けると嬉しいです。
試練を乗り越えた二人には新しい人生を用意してあげたいと思います。
二人を好きになって頂けて本当にありがとうございます。
後日談も頑張って載せたいと思います。
お優しいコメント、本当にありがとうございました!

・私は作者さんの作品好きです。~の方

コメントありがとうございました!
わわ、凄く嬉しいです。ありがとうございます!
私の作風は正直、地雷な人の方が多いだろうなって思っていまして。
なので一人でも好きだと言って頂けたらと思って書いています。
頂いたコメント、とても励みになりました。
今回のことで筆を折ろうとは思っていません。元より批判上等!です。笑
なので、そのように言って頂けるとこれからも頑張れそうです。
もしまたお気に召すお話がありましたら、読んで頂けたら嬉しいです。
本当にありがとうございました!

・こなつ様

初めまして!コメントありがとうございました。
めぐる先生のところからなのですね。ありがとうございます!
夢中で読んで下さったなんて凄く感激です。
初BL作品としては、色々地雷ばかりなお話だったと思うのですが。汗

翌日の雨が降るシーンは私も凄く悲しい気持ちで書いていました。
BLの枠を超えた文学だなんて、照れますが凄く嬉しいです。
この物語は最後の「君のために雨を降らそう」という台詞が書きたくて。
(あとは蛇のお話が書いてみたかったというのもあるのですが)
涙が出たなんて書き手冥利に尽きます。
こちらこそ、本当に読んで下さってありがとうございます!

そして誤字の指摘もありがとうございました。
不快な思いなんてとんでもない!ご指摘とても助かりました。
思い切り間違っていました。全く気付かなかったです。汗

今後もマイペースにお話を書いてゆこうと思います。
その中にまた、1つでもお好みの作品があったら嬉しいなあと思います。
感想、本当に飛び上るほど嬉しかったです。
こなつ様も寒い日が続きますので、どうぞお体にお気を付け下さい。

・春馬様

コメントありがとうございました!
いつも励みになる感想を下さって凄く嬉しいです。
今回はガッツリとエロシーンも入れたいなと思いましてああなりました。
本命CPがプラトニック、というのが定石になりつつあります。苦笑
このお話は水蛇になった湊と僧侶になった燐の再会シーンが最初に浮かんで。
「お前のために雨を降らそう」が書きたくて書いたのです。

そして露を好きだと言って頂けて嬉しいですー!
実は私、女性キャラを書くのが大好きで。
宵羽の喜和子も好きなのですが、鱗の露も実は個人的に大好きなキャラです。
彼女の悲しいなあと思いながら書いていました。
燐との再会シーンは私も書いていて凄く鬱々してしまったくらいです。
泣いて頂けたなんて、本当に物書き冥利に尽きます。
まだまだ未熟ですがこれからも頑張って書いてゆきたいです。
もし良ければまた、お付き合い頂けたらと思います。

そして攻め三春、実はあんな感じでした。
あのブログのお話は大半はパロディの並行世界だと思って頂けたら。汗
ただ、17歳の小鳥遊君の初恋の人=三春でして。
シリーズ名「ミスター・ワールドエンド」で只今長編にまとめています。
そのシリーズは普通に切ないお話になる予定です。
もし攻め三春、平気でしたら是非是非また読んで頂けたら嬉しいです。
こちらこそ、いつも暖かいお言葉ありがとうございます!
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード