忍者ブログ

荻野由佳さんのスピーチ&祖母と聖人君子

こんばんは。生きてます。
先日、何とはなしにAKB48の総選挙を見ていました(多分ハイライトですが)
そこでスピーチを聞いて、NGT48の荻野由佳さんのファンになりました。
スピーチが凄く感動的で「この子気になる」って調べてみて。
そして経歴を知って、またスピーチを聞くと思わず涙が出てしまいました。
翌日、すぐにNGT48の荻野さんが出ているCDを買いにお店に走りました。
アイドルだから勿論、可愛くてキラキラしててそれだけで素敵なんですけれど。
挫折しても挫折しても挑み続けてあの場に立っている姿が、もう、本当。
アイドルはファンに夢を与えるって、よく言うと思うんですけど。
荻野由佳さんは華やかで甘い夢だじゃない、もっと骨太の、今頑張って生きている色々な人たちに希望を与える意味でもアイドルの中のアイドルだなと思います。
うー、もっと早く知りたかった!来年は絶対総選挙おぎゆかに投票するぞ!



先日、祖母の一周忌で東京に行ってきました。
あれから一年だなんて、本当に時の経つのはあっという間だなって。

祖母は新潟の旧家の生まれで、大正生まれの女性としては珍しい職場での恋愛結婚でした。
祖父の一目惚れで足繁く祖母の家に通い、その熱心さにほだされたとか。
子供の頃はよく、遊びに行くと酔っ払った祖父に祖母との馴れ初めを聞かされて。
でも大人になって色々な話を周りから聞くと、中々大変な暮らしでもあったようです。
祖母は大往生で、子供たちの手を借りることなく祖父の面倒を見ながら暮らしていました。
誰にも一日も介護をさせなかった。祖母らしい最後だと皆、言いました。

祖母の葬儀は成人してから初めての弔事でした。
そこで、生前の祖母からはとても想像できないような祖母の姿を知りました。
感じたのは、やっぱりどんな人にも必ず負の感情があるんだなということ。
そして、それをずっと感じさせなかった祖母のすごさでした。

生きているということは、必ず雨の日と晴れの日があって。
それは一人の人間の心のあり方や、生き方にも言えることだと私は思います。
よく、人は他人に対して「私は聖人君子ではないから」と言いますが。
(私も怒るとき、許しがたい目に遭ったとき、この言葉がつい出てしまいます)
それってお互い様なんですよね。この世はNOT聖人君子だらけ。

祖母は私にしてみれば、正に聖人君子のような人でした。
父の話を聞く限りでもそうだったんだろうと思います。
でも、違った。祖母にも他人に対する激しい憎悪や拒絶の心があったんです。
ただ私は、それがあったからこそ祖母は聖人君子のような人だったのかなと思います。
誰かを激しく憎んだり、嫌悪する心を持っていたから、周りを許し続けた。
優しくあろうとした。善い人であろうとした。そういうことなんじゃないかって。

私もいつかそういう風になりたいです。
聖人君子にならなくていい。元より完璧からは程遠い人です。
ただ、自分が不完全で失敗もして、感情に振り回される人間だからこそ、他人のそういうものを嫌悪しつつも許したい。受け入れたい。生きることはどんな空模様でもお互い様だと思うから。
そして祖母のように素敵なお婆ちゃんになりたいです。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード