忍者ブログ

靴屋の福袋の哀愁

こんばんは。
明日から仕事始めです。考えると少し憂鬱です。
でも行く所がないというのも多分不安になっちゃうので、早く日常に戻りたい気持ちもあったりします。

「少年アヤちゃん傷心日記」の感想を頭の中で少しずつ整理しています。
印象に残ったエピソードとして、靴屋さんの福袋の話がありました。
お正月、小さな靴屋さんが福袋を作って、家族総出で店頭に並べてお客さんを待つ。
そこは賑やかな町の一角で、人通りもすごく多い。
でも夕方になっても福袋は一つも売れない。お店の人は悲しそうにそれを片付ける。
それをどこかから見ているエピソード。
私は著者であるアヤさんがそれを見ていて、書き残してくれて良かったなって思いました。
そうじゃなきゃ靴屋さん、あまりに悲しすぎる。考えると胸が痛い。

きっと、似たような話は全国各地に沢山あって。
頑張っているから、喜んだ顔が見たいからっていう善意だけで解決できないことなんだよね。
ものすごく良いものが入っていて、ものすごく安かったりしたら飛ぶように売れる筈。
そうじゃないから売れない。それは理由の全てじゃないけど、間違いなく事実でもある。
でも、それがとても悲しいと思う自分もいました。
頑張った人が、善意の人が、満たされて欲しいと思ってしまう。
そのエピソードが悲しいのは何となく自分の創作をそれに重ねたからかもしれません。
頑張ったら頑張った分だけ小説が上手くなれたら良いのに。
努力と結果は釣り合わない。
そしてきっと、本当にすごい人に比べて、言うほど努力もしていないんだろうな。

今日たまたま嫉妬に関する呟きを目にしてしまったわけなのですが。
何だかすごく悲しくなって、またぞろ落ち込んでしまいました。
自分、こんな風に思われてるのかなーとか、本当に色々と苦しくなってしまいまして。
私を指したわけじゃないけれど、こう見る人もきっといるんだろうな、みたいな。
自分は決死の思いで嫉妬に関してこのブログで吐き出したけど、やっぱり間違いだったのかな。
正直に書いても結局人望を失くしただけで、何一つとして意味なかった。
そんなところまで思考が傾き、ただいま軌道修正中です。

まあ、こんな感じで色々と我に帰らされる一冊です。
なので「少年アヤちゃん傷心日記」は元気いっぱいのときに読んで下さい。
本自体はめっちゃ面白いです。コンプレックスとの泥仕合の記録。
でも、何となく勇気をもらえます。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード