忍者ブログ

感想を書くこと&最近読んだ本の話

こんばんは。最近、仕事が忙しくて少しキリキリしています。
余裕がなくなると本当に毎日、チベットスナギツネみたいな顔になってしまって。
いけないなって思っています。笑わねば!でも、何で???
悲しいとき、悲しい顔をしてはいけないって思い始めたのはいつからなのか。
大人になればなるほど、泣いたり怒ったりが下手になります。
たまには、山のてっぺんから「馬鹿野郎」とか「愛してる」とか叫びたいな。

最近、主にウェブ小説や個人誌の感想について考えていました。
それというのも、先週同人イベントに久々に一般参加しまして。
そこで十年くらい大好きな作家さんのご本を買って、それがまた素晴らしくてね。
感想を言いたい!でもメールって迷惑じゃないかしらとか、ちょっと悩んでしまったのでした。
(でも多分メールじゃないと文字数が足りないのでメールで送るつもりですが)

私は、多分作品の質や内容の割に、感想をもらっている方だと思うのですが。
実は一番嬉しいのは拍手かメールだったりします。
それというのも、人目につくところで褒められると、申し訳なさが勝ってしまうんですよね。
あと「見て!こんなこと言われたよ!」って自慢したくて堪らないのを抑えるのが辛い。
いや、自慢しても良いのかもしれないけれど…うーん。
好意で寄せてくれた言葉を、私の見栄や承認欲求で穢すような気がしてしまうのかも。
ストイックでもないくせに妙な所で我慢しているとか、我ながら格好悪いですね。苦笑

追記にて最近読んだ本の話など。

最近読んだのは以下の2冊です。

・「やわらかなレタス」江國香織著
…食べ物に関するエッセイ集です。「やわらかなレタス」はピーターラビットより。
食べ物と、それにまつわる小さな物語がつづられています。
小説「アレンテージョ」の元ネタになったのかな?という旅の食事の話もあります。
細やかに書かれる思い出と食べ物、予感と感情に痺れます。
まるで、様々な果物が鈴なりに実る美しい一本の木のような本です。
個人的に、薔薇の木の話と、さすらいのウェイター、バーの話が好きです。

・「奇聞・よだかの星」八束&はるの共著 ※同人誌です
…二人の作家による宮沢賢治著「よだかの星」へのオマージュ小説を収録した一冊。
「Happy Togather」と「その青が見たかった」という2編が入っています。

「Happy Togather」は冬の田舎町へ旅する主人公と、旅先で出会う男の人の話です。
ネタバレになってしまいそうなので内容は割愛します。
何だろう、大人の童話というか、ロードムービー的な小説でした。
田舎の閉塞感と、主人公の抱える閉塞感がとても美しく同期されている物語。
最後のシーンは過去なのかな、それとも未来なのかな。
どちらとも取れるし、あるいは両方なのかもしれない。
再生の物語なのか、帰還の物語なのか…どちらも不正解なのかなあ…うむむ。

「その青が見たかった」は「Happy Togather」とは対照的に子供の世界の物語です。
キラキラと、水際の光のような明るさが全編に渡って満ち溢れていて。
けれどその光の眩しさがどことなく冷酷な気がする。そんな物語です。
絵が好きで、けれどあるきっかけで完成させられない主人公の少年・燐。
瞳に鳥を隠す抑圧された同級生・小夜鳴の瞳の世界に落ちたことで、彼は新たな翼を得ます。
幻想的な世界観と、そこに散りばめられた感情の飛沫にハッとさせられる作品でした。
きっと作者さんはこういう世界が大好きなんだろうな…私も好きだ!
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード